眉間のシワとデコジワ。

私が一番嫌いなシワは眉間のシワです。知らないうちに眉をひそめるような癖がついていて、このせいで眉間にしわが寄ります。
このシワが年々濃くなってきて、アラフォーとなった今ではかなりくっきりしてきています。

私が月に一度通っているエステでは、この部分をゴシゴシやってくれていますが、それも効果が見られないほど深いシワです。
でも、眉間の反対側のシワは好きなんです。
笑いジワというやつです。

これがある人は朗らかな印象がもたれて、いいですよね。
けれど、私の場合は笑いジワはないです。
目じりはわりと肉がついてて、シワが入る余地がないような感じです。
眉間のシワは本当に老けて不機嫌に見えますよね。
私は本来本当に朗らかなんですよ。

毎日必ずゲラゲラ笑っているし、この歳になっても職場で苦しくなるほど笑うこともあるんです。
だから出来るのは眉間のシワじゃなくて、笑いジワのほうだと思うんですけど、
笑いジワの方は私を選んでくれなかった、という感じです。
いつか、母に相談しようと思って改めて母の顔を見たら、私よりもくっきり眉間にシワが入っていて、その上同じくらいの濃さでデコジワが三本入ってました。
これって私の将来の姿なのか!?
とすごく怖くなりました。
まだ眉間のシワなら我慢できる。
デコに3本シワが入った日にゃオババでしょ。ギャグでしょ。
というわけで、その日から眉間のシワを受け入れる方向にして、デコジワができないようにケアをするようにしました。
何をしたらいいのか分らないんですけど、化粧水を、頬と同じくらい丹念におでこにパシャパシャして、
保湿をしっかりして、時間ができたらパック。
そうはいっても、私は建築系の仕事で図面を見ながらヘルメットを被る日も多いんです。
日焼けもするし、ヘルメットの重みがおでこに圧し掛かって、気づくとデコジワが寄っています。
これが慢性化すると母のようにデコジワおばばになりそうで本当に怖い。
せめて等間隔で三本はやめてほしいと悩む40歳間近です。

手汗を止めるツボとファリネという制汗グッズ

汗の悩みというと臭いや脇の汗染みなどが一般的ですが、手汗で悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。人から握手を求められたときや大切な人と手を繋ぐ場面で汗びっしょりでは困ってしまいます。

そんな咄嗟の場面で役に立つのが手汗を止めるツボ押しです。

身体には汗を止めるツボが幾つかありますが、手汗を止めるツボは主に手にあります。咄嗟のときに人目を気にせず対処できるので覚えておくと便利です。

一つ目は手の甲の親指と人差し指の付け根の窪みにある合谷(ごうこく)と呼ばれるツボです。ここを反対側の手の親指を使って骨の下に潜り込ませるような感じで強く押します。少し痛みがありますがそのまま30秒ほど押し続けます。

痛みがない場合は正しく押せていません。少し位置をずらして押し直してみましょう。合谷は身体の代謝異常を元に戻す働きがあるので万能のツボとも呼ばれます。

二つ目は掌にある労宮(ろうきゅう)です。人差し指と中指の付け根の下辺り、軽く手を握ったときに中指の先端が当たるところが労宮です。反対側の手の親指で5秒押して5秒離すのを5回ほど繰り返します。

深呼吸しながら行うと効果的です。労宮を押すと気持ちを落ち着かせる効果があるので手汗の原因である交感神経の緊張を鎮めます。

三つ目は手ではなく足にある復溜(ふくりゅう)です。アキレス腱と内くるぶしの中央から約4cmほど上の部分にあります。親指で強めに揉むようにしてマッサージするといいでしょう。水分の代謝異常を抑えるので冷え性にも効果が期待できるツボです。

いずれのツボも手汗がぴたりと止まるほどの絶対的な効果があるわけではありませんが、副作用の心配もないので咄嗟の時の対処法として覚えておくといいでしょう。

手汗用制汗グッズファリネも試してみよう!

一応、上記でツボについて紹介しましたが、最近はファリネという手汗専用の制汗グッズが人気のようで、実際に速攻で手汗を止める事が出来るらしいです。あまりにもひどい手汗は厳しいようですが、ちょっと気になる程度なら簡単に止められるようなので、手汗に悩んでいる人は使ってみると良いでしょう。

肌には自信アリ!のはずが、シミ予備軍多数にショック

デパートの化粧品コーナーで「シミチェック」をする機会がありました。
専用機器で肌に光を当て調べます。

現在シミはなく肌には自信がありました。
おそらくシミなんてないだろう、そう思いチェックしたところ・・・。

予想していなかったことに、シミの予備軍がいくつもあったのです。
加齢とともにが現れるであろうシミが点々と。

かなりショックを受けました。
しかしケア次第でシミの出現を抑えられるとのことです。

今すぐシミケアをしたいと思った私は、すぐさま対策を開始しました。
心配だったことは、私は敏感肌であるということ。

シミケアを行う化粧品は刺激が強いのでは?と不安でした。
化粧品店へ行き、敏感肌でもケアできるものはないのか相談しました。

するとすすめられたのが「ポーラオルビスディセンシアサエル」です。
敏感肌の方も使える化粧品だとか。

シミ予防はもちろん美白、保湿効果もあります。
かなり人気ある化粧品と聞き、まずトライアルセットを購入しました。

化粧水と美容液、美白クリームがセットになっており10日間使用できます。
価格は初回限定で税込み1,480円(送料無料)良心価格です。

届くと丁寧に梱包されたトライアルセットにワクワク。
まず化粧水を使ってみました。

ローズマリーの香りがなんとも心地よく、肌になじむのが分かります。
肌もしっとりして保湿効果も抜群です。

美容液や美白クリームも化粧水同様に使い心地がよいです。
肌がピリピリする感覚もなかったので自分の肌に合うと感じました。

10日間使い続けていくうちに、肌の透明感がアップしたように思います。
シミ予防をしつつ美白効果ができることを実感します。

敏感肌だと美白の効果を感じにくいと聞いたことがありますが、こちらの化粧品は違いました。
毎朝自分の顔色を見るたびに明るくなったと感じ嬉しいです。

タレントの優木まおみさんも愛用している人気商品。
多数のベストコスメ受賞するほどの化粧品だけあるなと感じています。

シミの予備軍があるということで、今まで以上にケアに敏感になりました。
よい機会だったなと思います。

身を張った実験の結果、紫外線はシワの原因と判明

女性なら誰でもいつまでも若々しく輝いていたいと思いますよね。
しかし30代にもなればお肌のハリの衰えが目に見えて来ます。
30代中ごろになれば目じりに小じわがボチボチ目立つようにもなります。
私も肌のハリが自慢でしたが、30代後半になるとほうれい線や目元の小じわが気になるようになりました。

既婚者の友人達は「もう無駄な悪あがきはやめた。」とか「スキンケアする余裕なんか無いわ。」などと言いますが
まだ独身の私は若さにしがみついていたいのです。

シワを増やさないようにするにはエイジングケアです。
私はエイジングケアと書いてある物には大体飛びつき、試しました。
しかしまだコレ!と言った品物には出会っていません。

しかしある時、気が付きました。
シワのある人と無い人の決定的な差があったのです。
それは実にシンプルな事で紫外線対策をしているかどうかだったのです。

日焼け止めを塗らずに紫外線を気にせずノーメイクで外に出かける友人の顔には深いシワが刻まれています。
外に出る時は日焼け止めを欠かさず塗り、さらにつばの広い帽子などで日差しから顔を守る友人は
顔にシワはほとんどありません。
もちろんそれだけ美容の意識に差もありますから他の部分でも美容に関しての差はあるでしょう。

気になった私はもはや人体実験しか無いと思いました。
私には歳の近い姉が居ます。その姉と毎日散歩に出かける事にしました。
姉は散歩するたびに毎回日焼け止めをしっかり塗って貰い、私は日焼け止めを塗らずに散歩するのです。
まさに体を張った実験です。

結果は出ました。やはり紫外線はシワの原因の一つでした。
日焼け止めアリの姉と日焼け止めナシの私が毎日一緒に散歩した結果、一か月で明らかな差が出たのです。
私の顔の肌が日焼けし、シミも出来てしまい、目元にシワも出ました。
一方姉はほぼノーダメージです。一緒の時間に一緒の場所を散歩したのに関わらずです。

若さにしがみつきたいはずなのに好奇心から変な実験をしてしまいましたが
紫外線はシミや日焼けだけでなくシワの原因でもあるとわかって満足です。
これからは日焼けに気を付けようと思いました。

その後はきちんとスキンケアをしてシミやシワを無くす努力をしています。

自分なりのシワ対策

今、自分の顔をじっと鏡で見ています。化粧をするとき、髪の毛を直すとき、トイレに行って手を洗ったときついでに、化粧直し等々、毎日自分の顔を鏡で何回も見ています。でもシワを見ているか?と聞かれると、見ているつもりでも見ないようにしているのか、じっくりと自分のシワを見る機会はあまりありませんでした。今、じっくりと鏡で顔を見て見ると、(こんなにシワがあったんだぁ!うわぁここのシワ直らないわぁ。)とシワを伸ばしてみてもくっきりとはいっているシワに愕然としているところです。

 私の顔のシワで気になる所BEST3をつけてみました。BEST3は目じりのシワです。これは笑ったときにできたシワが直らなくなったものなので、自分の中ではありな方のシワです。元々怖そうな顔付きをしていた為少々の笑いジワがあった方が優しく見えるというのもあります。BEST2はほうれい線です。これが今までこんな風に普段でも入っていることを知らず今、落ち込んでいるシワの場所です。まだうっすらですが、確実に無表情な顔をしている時でさえしわが入っています。ここにシワがあると急に老けた感じがして本当にどうにかしたい場所です。

BEST1は私が常日頃から1番気にしていて、家族からも指摘される眉間のしわです。これは祖母、母、私、娘と代々受け継がれているシワで、生まれたばかりの娘の泣き顔には、もうすでに眉間のシワがありました。私自身、学生時代も眉間の筋肉が人より発達しているのか眉間のしわは泣いた時、怒った時等その時々で現れていました。でも若さからかシワはその時だけで常に刻まれているものではありませんでした。それが、毎日のそのような表情から長年のクセがシワになっていったのだと思います。今では常にくっきり眉間に2本のシワが入っています。このシワをあまり目立たなくする方法を家族の非難のもと毎夜やっています。それは、寝ている時に険しい顔でギュッと深いシワを作って寝ているという家族の証言から眉間に逆カタカナのハの字にテープを張って寝ています。これをすることにより朝深く刻まれていた眉間のしわがなくなりました。朝起きて夜までに何度か眉間にしわを作り、2本線が出来ていてもテープをした次の日の朝は無表情な顔においてはしわが入っていません。私なりのシワ対策としてこれからも毎夜続けるつもりです。

混合肌用のコスメを使うと一気にニキビが治りました

私の肌質はどうやら混合肌のようで、それが判るまではニキビが出来ては治ってまた出来て、の繰り返しでとても悩んでいました。
顔からニキビが消えた事が無くて、常に1つ2つはニキビがあるという状態がもう10年以上も続いていたんです。
頬が乾燥するから乾燥肌だと思って、保湿効果の高い化粧水を使っていました。
それにニキビを治そうと思って、巷で効くオロナインを塗って治すオロナインパックをしたり、ニベヤを塗ったりしていたんです。
他にはニキビ用の化粧水だとか、塗り薬を塗ったりもしていました。

ビタミンCが良いと効けばサプリを飲んだりそれが含まれている美容液をつけたりと、色々していました。
しかしそうやってやる度にニキビが出来てしまうので、手のつけようがなかったのです。

でもこれだけ色々と肌につけたりする事、そして保湿し過ぎる事が混合肌には良くないのだと気づきました。
そもそも混合肌だと気づいたのは、額や鼻、顎はテカるのに頬だけが乾燥するという事からです。
ネットで調べるとそういう場合は混合肌の事が多いようで、ですから試しに混合肌用の化粧水を使用したのでした。
すると使用後5日程経った頃から段々とニキビが引いていって、乾燥もテカりも抑えられるようになったのです。

これにはとても驚きましたし、どうして今まで気づけなかったんだろうと感じました。
自分の肌質を知る事、そしてそれに合ったケアをする事がニキビを無くせる近道だったのです。

それからというもの、私は混合肌用のコスメを買うように心がけています。
例えば化粧下地クリームもファンデーションも、コンシーラーも混合肌用を使用すれば、肌荒れを防げますしテカりも乾燥も抑える事が出来ます。
洗顔もメイク落としも混合肌用の物を使用しているのですが、これだとちゃんと肌荒れせずに使用できるのです。
化粧水も混合肌用なので、保湿のし過ぎで皮脂が過剰分泌してニキビが出来るという事もなくなりました。

私のように間違ったケアでニキビがいつまでも治らない人は多いと思います、正しいケアをすればきっとニキビは0になる日がやってきます。